ルテイン6-1

ライフスタイル総合研究所



 ルテイン6-1

投稿日:2017年03月29日 09:00

■コントラスト感度改善効果

コントラスト感度とは、ものの濃さ薄さを見分ける能力です。ルテインは、摂取することにより血液中に取り込まれ、目の黄斑部に蓄積します。黄斑部にルテインが蓄積すると、コントラスト感度が改善されることがわかってきました。

■炎症抑制効果

ルテインは抗酸化作用に加えて抗炎症作用も明らかになっていて、ルテインの持つ抗炎症作用はぶどう膜炎などの眼病予防に効果的であるといわれています。ぶどう膜炎とは、ぶどう膜に起きる炎症の総称であり、ぶどう膜とは目の中の虹彩、毛様体、脈絡膜とそれに隣接する組織を指します。

★眼の炎症、飛蚊症、眼の悩みをお持ちの方
「鶴見式ルテイン・プラス」
http://www.lifestyle.jp/lutein.php



http://www.lifestyle.co.jp/2017/03/post_1121.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所