第二十七回「八ヶ岳薪能」1

ライフスタイル総合研究所



 第二十七回「八ヶ岳薪能」1

投稿日:2017年05月27日 09:00

■能 巻絹 まきぎぬ 辰巳満次郎

巻絹とは軸に巻き付けた絹の反物。これを千本、紀伊の国の熊野三社権現に奉納せよとの勅命。都からの使いが到着しない。彼は本宮に着く前に、音無の天神に参詣し、梅の香りに引かれて心中に一首の和歌を神に捧げていたのだ。遅延の罪で捕縛された男。

「その縄解けとこそ」と天神の憑依した巫女が現れる。都の男に上の句を言わせ、その下の句をつけて疑いを解くと、和歌の徳を讃えて舞い、祝詞をあげて神楽を舞い、激しい神がかりの物狂いの態を見せ、やがて本性に戻って終わる。中世の匂いのもっとも色濃い能が、今年は選ばれた。

★奥会津、中国で桐の植林を行なっています
桐の植林から開発した商品の売り上げは桐の植林活動に使われています
http://www.lifestyle.jp/kiri.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/05/1_8.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所