「桐の木と日本」2-3

ライフスタイル総合研究所



 「桐の木と日本」2-3

投稿日:2017年06月16日 09:00

しかし、日本でいくらいい刃物を用意しても、アク抜きのできていない桐はバサバサになりやすく、光沢も出ないのです。製品にしても変色し、カビだらけになり強度も大幅に落ちます。床、壁、建具等の建材製品において、桐の品質を最も左右するのはこの『アク抜き』なのです。

NPO法人「桐、ささやかな植樹祭」理事長 八木隆太

★ほかほか健康ショップの桐エコロジーリフォーム
桐はマイナスイオンを放射する健康エコ素材!
http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/06/post_1143.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所