健康と桐の特性「桐の木と日本」3-3

ライフスタイル総合研究所



 健康と桐の特性「桐の木と日本」3-3

投稿日:2017年07月14日 09:00

そのためには、消費者の方々に正しい桐の知識を持っていただき、庭先でも結構です『日本』を蘇らせるために桐の苗木を一本でも植えて頂きたいのです。杉やヒノキの用途に比べ、桐は箪笥、家具、箱、建材防火扉の心材、釣りの浮き、卓球のラケット、まな板、下駄をはじめ、その用途は100種類以上で植林期間30年の市場変動リスクが最も少ない樹種なのです。

桐は広葉樹の1番バッターです。樹齢16年目から製品素材として利用できます。この木を山に植林するためには、まず杉の木を伐採しなければなりません。杉は伐採しても高値で販売できないどころか赤字になるため、桐植林適所においても、杉の不良材が邪魔して植林が出来ません。

NPO法人「桐、ささやかな植樹祭」理事長 八木隆太

★ほかほか健康ショップの桐エコロジーリフォーム
桐にはリグニン、タンニンなどの成分が含まれ、
アク抜きすることで防腐・防虫効果も発揮します!
http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/07/33_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所