健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-1

ライフスタイル総合研究所



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-1

投稿日:2017年08月29日 09:00

セラミックとナラが310ワット、ヒノキ260ワットと比べますと、桐が並みはずれて遠赤外線を放出していることがわかります。北九州工業試験場ではこのほかに、桐、セラミック・ポリエステル、ポリエステルの三種の寝具についても、実験を重ねました。普通、遠赤外線を測定する場合、もう一つの方法として、炭素で作った「黒体炉」の放射量を標準基準にします。

ところがどうでしょう。黒体炉の数値を100とした場合、ポリエステルが55%、セラミック・ポリエステルは65%なのに対して、桐はなんと94%という高い数値を示したのです。

桐の超能力 森崎工芸株式会社森崎勉著より

★寝ているときに体温が下がると、免疫力は著しく落ちてしまいます「桐温熱ベッド」は身体の冷えを防ぎます
http://www.lifestyle.jp/bed.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/08/31.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所