「理想のまち」2-4

ライフスタイル総合研究所



 「理想のまち」2-4

投稿日:2017年10月16日 09:00

電鉄会社にとっては、沿線住民の新陳代謝を図らなければ、空き家増加で地域の価値が損われるばかりか、鉄道に乗る人も減り、事業継続が困難になっていくと考えられるからです。自治体もこの考え方を、まちを小さくたたむコンパクトシティ政策とリンクさせていけば、取り入れることが可能です。

まちを広げる一方だった時代は終わり、住民の新陳代謝を促し、まちを将来にわたって持続していく仕組みの構築が求められています。

★建設業界は経験工学です!東京、名古屋、大阪エリアで建設技術者を探しています
技術者募集



http://www.lifestyle.co.jp/2017/10/post_1200.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所