「火災保険が住宅の修繕に使える」1-2

ライフスタイル総合研究所



 「火災保険が住宅の修繕に使える」1-2

投稿日:2018年01月03日 09:00

■火災保険は自然災害も対象

住宅を購入したり、部屋を借りたりした時は火災保険に加入します。賃貸物件の所有者も物件を新築したり購入したりする際には加入しています。その火災保険の使い道をどのように理解していますか?「万が一、火事を出してしまったときに支払われる保険」と思っていませんか?

しかし、場合によっては屋根や雨どい、外壁などの修繕工事に火災保険を使えることがあるのです。「火災保険は自然災害である台風や大雪、突風、竜巻などの予期せぬ災害にも適用されます」と話してくださるのは、一般社団法人日本住宅保全協会代表理事の酒井孝さんです。

詳しい内容はライフスタイル総合研究所03-3449-1021までお問い合わせください。

★ほかほか健康ショップの桐エコロジーリフォーム
桐は36℃(人の体温)で最も遠赤外線を輻射する健康エコ素材!
http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/01/12_6.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所