「火災保険が住宅の修繕に使える」3-1

ライフスタイル総合研究所



 「火災保険が住宅の修繕に使える」3-1

投稿日:2018年02月08日 09:00

ところが、「当協会が築年数15年以上の建物を対象に調査したところ、台風や突風、大雪などの後、約80%の住宅で災害が発見されているのです」。しかも、そのうちの90%は保険申請が通っているというのです。

そのほか、大雪の影響でカーポートが倒れたり、屋根がへこんだり、雨どいが曲がったりといったことも被害として挙げられます。

築年数が古い建物を所有する住宅所有者の場合には、普段は確認することができない屋根の劣化を気にしている方も多いのではないでしょうか。劣化した屋根が自然災害によって損害を受けていれば、当然保険が適用されます。

★ほかほか健康ショップの健康住宅
冷暖房の節電効果が高く、エコロジーな桐の健康住宅内装材
(床、壁、天井、収納等)の販売、新築・リフォーム工事
http://www.lifestyle.jp/kirigoods.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/02/31_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所