「火災保険が住宅の修繕に使える」3-2

ライフスタイル総合研究所



 「火災保険が住宅の修繕に使える」3-2

投稿日:2018年02月11日 09:00

しかし、大きな被害で雨漏りなどが発生してしまってから対処するのでは大変なことが増えるばかりです。万が一、入居者の部屋に雨漏りでもすれば、被害場所の修繕だけでなく、入居者に対する賠償までしなければならなくなることもあるのです。

だからこそ、自然災害によって大きな被害が起きる前に、災害の後、こまめに建物の状態をチェックすることが大切なのです。

★ほかほか健康ショップの健康住宅
冷暖房の節電効果が高く、エコロジーな桐の健康住宅内装材
(床、壁、天井、収納等)の販売、新築・リフォーム工事
http://www.lifestyle.jp/kirigoods.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/02/32_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所