「火災保険が住宅の修繕に使える」3-3

ライフスタイル総合研究所



 「火災保険が住宅の修繕に使える」3-3

投稿日:2018年03月08日 09:00

そのとき、火災保険が適用されるのであれば、きちんと修繕をする。そうすれば、その後の建物を長く安全に保つことができ、さらに費用も抑えることができるという好循環を生むのです。

日本住宅保全協会では、協会に加盟する全国のリフォーム会社とともに、この火災保険の仕組みの認知度を高め、お客様が正しく火災保険を利用できるサポートを行っています。

また、「ほけん申請の窓口」は2016年4月から新名称としてスタートしました。「これまで以上にお客様に分かりやすく、親しみやすいサービスを提供していきたいと考えています」。
日本住宅保全協会 酒井代表理事

詳しい内容はライフスタイル総合研究所03-3449-1021までお問い合わせください。

★ほかほか健康ショップの健康住宅
冷暖房の節電効果が高く、エコロジーな桐の健康住宅内装材
(床、壁、天井、収納等)の販売、新築・リフォーム工事
http://www.lifestyle.jp/kirigoods.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/03/33.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所