健康と食用油「良い油と悪い油」2-3

ライフスタイル総合研究所



 健康と食用油「良い油と悪い油」2-3

投稿日:2018年04月25日 09:00

不飽和脂肪酸のなかでも、代謝されてアラキドン酸を産生するオメガ6脂肪酸の含有量がダイズ油では高いことが知られており、このアラキドン酸が炎症を引き起こし、肥満や糖尿病の病態を進行させていることがネズミの実験で確認された。

アラキドン酸は炎症だけでなく、ガン、アレルギー、心臓病の要因にもなる。
皮肉なことに、これまで健康的と考えられてきた不飽和脂肪酸の代表ともいえるダイズ油が生活習慣病の引き金になっている可能性が示唆されたのだ。

ココナッツオイルは調理油としても優れているので、ダイズ油をココナッツオイルに置き換えることで、糖尿病や肥満の発症危険度を下げることができるかもしれない。

白澤抗加齢医学研究所所長 医学博士
お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二医師

★新たな治療の一環として「桐温熱ベッド」を導入いたしました♪
http://ohlclinic.jp/

桐温熱ベッド!
http://www.lifestyle.jp/bed.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/04/23_5.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所