健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」3-2

ライフスタイル総合研究所



 健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」3-2

投稿日:2018年04月08日 09:00

これらは、化学調味料のグルタミン酸ナトリウムのような遊離アミノ酸ではありません。たんぱく質中のグルタミン酸であれば、消化器系でゆっくりと消化されます。例えば、トマトを食べても消化器系の中に遊離アミノ酸は放出されません。その量は、ゼロと言っていいでしょう。複合アミノ酸として消化され、肝臓で初めて分解されます。

そして、肝臓からは体が扱える程度の非常に低濃度のアミノ酸が放出されます。これが本来のメカニズムで、人体は異常に高濃度の遊離アミノ酸を扱えるようにはできていません。脳も同じです。脳は驚くべき回復力を持つ器官ですが、ある種の刺激にはとても弱くできています。特に成長期の乳幼児や血液脳関門の弱くなった高齢者は、外部からの強い刺激に注意を払うべきです。


★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
人間に元々備わっている免疫力・治癒力を維持する「水素春ウコン」
http://www.lifestyle.jp/ukon.html

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/



http://www.lifestyle.co.jp/2018/04/32_3.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所