健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」3-3

ライフスタイル総合研究所



 健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」3-3

投稿日:2018年04月13日 09:00

これらの毒性を回避するものとして、ロイシンやイソロイシン、リジンなどがあります。これらのアミノ酸は、グルタミン酸と同じシステムに作用しますから、グルタミン酸の吸収を低下させるでしょう。その他にもグルタミン酸の吸収を妨げるものとして、シリマリンやウコンの成分クルクミン、イチョウ葉の成分ギンコ・ビロバがあります。

これらは、グルタミン酸の吸収を妨げることで興奮毒性を和らげます。クルクミンは、とても効果的です。多くのフラボノイドには、興奮毒性を和らげる効果があります。(注:クルクミンとフラボノイドは、春ウコンにバランスよく含まれています)

アメリカの脳神経外科医 ラッセル・ブレイロック博士

★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
人間に元々備わっている免疫力・治癒力を維持する「水素春ウコン」
http://www.lifestyle.jp/ukon.html

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/index.php?%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9



http://www.lifestyle.co.jp/2018/04/33_3.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所