健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」3-1

ライフスタイル総合研究所



 健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」3-1

投稿日:2018年04月06日 09:00

グルタミン酸ナトリウムと接触したがん細胞は成長し、組織内で動き始めることが、それより前の研究でも観察されています。体内でグルタミン酸濃度が上がると、がん細胞はたちまち広がるのです。グルタミン酸を阻害したら、がん細胞の成長は劇的に低下します。

研究者は、この研究結果を応用して、従来のがん治療薬にグルタミン酸阻害剤を用いることで、非常に高い効果をあげています。グルタミン酸の活動を抑えることで、がん細胞の活動が抑制されるわけです。自然の食品に含まれるグルタミン酸は、オリゴペプチドやポリペプチド(納豆のネバネバ成分)のように分子になっています。アミノ酸の分子として存在しています。

★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
人間に元々備わっている免疫力・治癒力を維持する「水素春ウコン」
http://www.lifestyle.jp/ukon.html

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/



http://www.lifestyle.co.jp/2018/04/41_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所