「丸の内に70階木造ビル」4

ライフスタイル総合研究所



 「丸の内に70階木造ビル」4

投稿日:2018年04月16日 09:00

W350計画では、まず2020年代前半に高さ70メートルの14階建てビルを建てる計画で、施工は熊谷組が担う見通しです。熊谷組も「収益拡大はもちろん、木材の流通促進でCO2抑制に資することもゴールの一つ」と、増子寛熊谷組建築事業本部副本部長は話しています。

欧米では環境負荷の低減やCO2の固定化を旗印に木造建築物の高層化が進んでいます。林業先進国といわれるオーストリアのウィーン市では高さ84メートルの24階建てビルが建設中です。日本ではまだ5階建て程度にとどまります。同計画は日本が木造建築物の高層化で欧米に後れをとっている状況に一石を投じそうです。

★建築設計監理技術者を探しています!
仕事はマンション、事務所ビル、商業施設、学校、銀行、ホテル、病院、医薬品研究所、工場、プラント等、建築物の設計、施工図、監理です
https://gaten-job.com/new/7080



http://www.lifestyle.co.jp/2018/04/704.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所