「ウコン成分でアルツハイマー抑制」2

ライフスタイル総合研究所



 「ウコン成分でアルツハイマー抑制」2

投稿日:2018年05月21日 09:00

アルツハイマー病をもたらす脳神経細胞の死滅は「アミロイドベータ」と呼ばれるたんぱく質が脳内で凝集、沈着することが主因の一つと考えられています。

金井教授らは、ウコンの成分「クルクミン」の構造を変えた光触媒を開発して、皮膚や骨を透過する近赤外光を照射すると、アミロイドベータに酸素を結合させて凝集を抑えるようにしました。

アルツハイマー病のマウスの脳に光触媒を注入し近赤外光を直接照射する基礎実験では、凝集したアミロイドベータの量が半分に減ったといいます。

★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
水素イオンで体の不要な活性酸素を消去!
春ウコンで健康に大切な成分を「水素春ウコン」
http://www.lifestyle.jp/ukon.html

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/index.php?%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9



http://www.lifestyle.co.jp/2018/05/2_24.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所