奉納 第二十八回「八ヶ岳薪能」1

ライフスタイル総合研究所



 奉納 第二十八回「八ヶ岳薪能」1

投稿日:2018年05月24日 09:00

■能 高砂 たかさご 宝生和英

「高砂や。この浦船に帆をあげて。月もろともに出で潮の」。落語にも扱われ、もっとも有名な謡である。阿蘇の宮の神主が海を隔てての夫婦松を訪れるため、高砂から新造船に乗って住吉に渡る場面である。住吉では男神が現れ、祝福の舞を舞う。凛としていさぎよい世阿弥の代表作。

色を変えぬ松の緑、老いるまで健やかで変わらぬ夫婦愛、「万葉集」から「古今集」と和歌の栄のめでたさは、そのまま「四海波静」な泰平の御代。
早春の季節感もこの能を支える。江戸時代は徳川氏が松平姓であったこともあって、特に重んじられた。

昨年の八ヶ岳薪能、宝生宗家は「小鍛冶」を奉納されて好評であったが、東京スカイツリータウンの五周年には、同じ曲目、最先端の映像技術により刀鍛冶の火花や、赤い鳥居が能を彩った。能も常に「時代の初心」と向かい合っているのである。

★福島県三島町、江蘇州連雲港、山東省荷沢で「桐」を植林しています
桐の植林から開発した商品の売り上げは桐の植林活動に使われています
http://www.lifestyle.jp/kiri.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/05/post_1239.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所