奉納 第二十八回「八ヶ岳薪能」2

ライフスタイル総合研究所



 奉納 第二十八回「八ヶ岳薪能」2

投稿日:2018年05月28日 09:00

■狂言 文荷 ふみにない 野村萬斎

中世は男色流行の時代。稚児へのラブレターを主人に託された太郎冠者と次郎冠者。竹杖の真ん中にぶら下げて二人で担いでいくが、なんとも重い。二人が内緒で文を開けてみると「恋しや恋しや」。

こう小石だくさんでは重いはずと、文を奪い合ううちに破ってしまう。老いらくの恋を世阿弥が描いた能の「恋重荷」をパロディ化した狂言。古くは「文裂き」と呼ばれたらしい。「言語遊戯」、言葉の洒落を楽しむ「珍(めずら)敷(しき)狂言」が今年は選ばれた。

野村萬斎は改めていうまでもない時代の旗手。最新のテクノロジーと合体した「三番叟」はNHKでも重ねて放映され、野村萬斎主演の映画「陰陽師」の祈りの型と音楽によって羽生結弦が、ピョンチャン・オリンピックで金メダルを得たことは、記憶に新しい。

★福島県三島町、江蘇州連雲港、山東省荷沢で「桐」を植林しています
桐の植林から開発した商品の売り上げは桐の植林活動に使われています
http://www.lifestyle.jp/kiri.html



http://www.lifestyle.co.jp/2018/05/post_1240.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所