「すでに100年住宅は始まっている」特別対談4-3

ライフスタイル総合研究所



 「すでに100年住宅は始まっている」特別対談4-3

投稿日:2018年07月04日 09:00

【山川】
その通りです。
100年の間に大小の地震が何回か来ると、ハウスメーカーの耐震性能と中古住宅の耐震補強の良し悪しが判明します。
「住まいも身体も自分で守る時代」が来たのだと認識を新たにしてほしいと思います。

また、郊外が必ずしも安全という訳ではなく、高層ビルと戸建の既存不適格物件が混在する都心よりは、リスクが少ないという意味で話しています。
耐震補強の良し悪しは施工する職人の「心と技」で決まります。

リフォームの匠・宅地建物取引士
あなたの家を守る「消費者応援の会」代表 山川義光

建築Gメンの会 副理事長・一級建築士
あなたの家を守る「消費者応援の会」理事 川口晴保

住み慣れた我が家のメンテナンス・リフォームは建築士と工務店と不動産の
専門家が揃った「消費者応援の会」東京本部のライフスタイル総合研究所
03-3449-1021までご相談ください。

★住宅の保全に火災保険の適切な活用方法があります!
火災保険に対して「どのような目的で、加入をする必要があるのか?」
といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?
住宅無料修繕



http://www.lifestyle.co.jp/2018/07/10042_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所