楽しく脳を活性化させて認知症を防ぐ2-3

ライフスタイル総合研究所



 楽しく脳を活性化させて認知症を防ぐ2-3

投稿日:2018年09月06日 09:00

しかし近年、神経細胞自体はほとんど再生しなくとも、神経と神経を繋ぐシナプスを増加させたり、シナプスから送られる電気刺激を受け取るレセプターを増やすことで、脳の活性化が図れることが分ってきました。
さらに、神経細胞には外から適度な刺激を加えて変化をもたらした時、その誘発された好ましい変化を長く維持できる性質(可塑性)があることが判明しました。

つまり、脳に刺激を与えて活性化させると、それが一時的な効果ではなく、長く持続するというのです。
冒頭でも紹介したように若い頃から脳を活性化し続ければ、脳の衰えを防ぐことができ、結果的に、認知症の予防にも繋がるのです。
私が脳と身体、心の研究を始めて間もなく、ルネサンスという全国に約百か所のスポーツクラブを運営する会社から共同開発の依頼がきました。

昭和大学名誉教授 医学博士 藤本司医師

★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
水素イオンで体の不要な活性酸素を消去!
春ウコンで健康に大切な成分を「水素春ウコン」
水素春ウコン

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/



http://www.lifestyle.co.jp/2018/09/23_7.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所