「住宅保全活動」2

ライフスタイル総合研究所



 「住宅保全活動」2

投稿日:2018年12月16日 09:00

例えば、古くなってしまった給湯器から最新の給湯器へ。
防熱防寒のため、窓を2重窓へ。
高さが低いキッチンから新しく高さがぴったりしたシステムキッチンへ。
古い浴室からバリアフリーのユニットバスへなどです。

住んでいる人たちが、より快適かつ安全に暮らしていけるよう、適切な保全活動を行なっていくこと、それが「家の価値を高めるための保全活動」なのです。

一般社団法人 日本住宅保全協会 代表理事 酒井孝

★えっ?実質無料で住宅修繕!?
火災保険は火事になった時にしか使えないと思われていますが、火災保険は日ごろの雨、風、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも保険適用されます。
詳しい内容は一般社団法人日本住宅保全協会代理店のライフスタイル総合研究所03-3449-1021までご連絡ください。
住宅無料修繕  



http://www.lifestyle.co.jp/2018/12/post_1271.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所