健康と腸内環境「腸もれ症候群」2-5

ライフスタイル総合研究所



 健康と腸内環境「腸もれ症候群」2-5

投稿日:2019年05月16日 09:00

腸からもれ出したものが全身をめぐり、悪さをするからです。
それによって起こる代表的な病気が食物アレルギーであり、がんや脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などです。
うつ病や認知症、自閉症の発症にも関与している可能性も明らかになってきました。

いずれも、現代人に急増している病気です。
腸もれ症候群は、日本ではほとんど周知されていない症状ですが、だからといって日本人に少ないわけではありません。
むしろ、現在の腸内細菌の貧弱化を見れば、気がつかないまま腸に穴をあけている人は少なくない、と考えられます。

腸の不調が起こす病気は、脳から心臓、心まで多岐にわたると以前から知られていましたが、その背景には、腸内細菌の数が減ったことで生じてくる腸もれがあったのです。 

医学博士 藤田紘一郎医師 PRESIDENT Onlineより

★ほかほか健康ショップの食用桐炭パウダー
体の中からキレイに♪
桐炭は油を吸着するので体スッキリ!
体の中の不純物を排泄してディスチャージ!
肝臓・腎臓機能が弱っている方、薬・化学物質・重金属アレルギーの方、お肌が気になる方、お通じが気になる方、体重が気になる方に
「桐炭生活」



https://www.lifestyle.co.jp/2019/05/25_7.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所