ライフスタイル総合研究所

ライフスタイル総合研究所

 取扱商品

人生の3分の1は睡眠です。

桐めんえきベッド

ほかほか健康桐めんえきベッド 
人生の3分の1は睡眠です。
寝ているときに守ってくれる、あなただけの名医です。
寝ているときに体温が下がると、体の免疫力は著しく落ちてしまいます。
桐めんえきベッドはあなたの体温を程よく保ち、体の中にある再生力を整えます。


病気は夜作られる

リラックスして寝れば体の緊張もほぐれるのに、眠るときまで眉間にしわをつくったままストレスを寝かしつけて熟睡できない人。

あれやこれや考えて貴重な睡眠時間を無意味に過ごしてしまう人。

寝てる間は明け方の三時くらいに体温が最も下がります。

せっかく眠っても朝方の気温低下で体温も奪われて免疫力が睡眠中に充分に働かない人等など、睡眠で悩んでいるものの、その解決方法をなかばあきらめているという人が増えています。  

そんな中、天然素材を活用し、しっかり体を温めて眠ると大変爽快に眠れるという多くの方の声をいただきました。

睡眠は美容と健康の源です。

人の体は寝ている間に、免疫が働き、脳や体の疲れを癒し、健康に戻ろうと働きます。

しかし、どんなに長時間眠っても体が冷えていては、免疫も上手く働きません。

たとえ短い時間の睡眠でも体がしっかりと温まっていればそれなりの免疫も働き、疲れも癒されます。

最近、このベッドはお医者さんが勧めてくれるようになってきました。

寝ている間に患者さんの体温が極端に下がって免疫力が落ちないために、お医者さんも勧めてくれています。

材質は無農薬で植林された桐を使用しています。

桐は杉や桧に比べて約3倍成長が早く10年で伐採ができます。

この桐を製材する前に天然洗浄を根気よく行いしっかりとアク抜きをしている(漂白はいっさいしていません)ので、アトピー性皮膚炎の方でも反応しない素材を創りあげることが出来ました。

こうして創られた桐の素材は、天然の空気層が繊維内に豊富にちりばめられ、人間の体温を即座に吸収し、冬には暖かさを、また夏にはほどよい涼しさをかもし出します。  

さらに、この桐の板の下には、細竹を丸のまま高温で焼き上げた竹炭を敷き、下から特殊な医療用ヒーターで適温に温めます。

この方式で竹炭から放熱される天然の遠赤外線を有効に桐の板に送り込み、桐の孔を透過した遠赤外線の熱が背中から心地よく伝わり、体をほどよく包み込んでくれます。

温度制御が±5度つまり上下10℃の温度差がある温熱布団やヒーターでは、その温度変化の「ストレス」に耐えながら毎晩寝ているわけですが、このベッドの場合には+0度−2度の微少温度差に保つ事が出来ますので、皮膚も筋肉も大変リラックスした状態でお休みいただけます。  

そればかりではありません。

桐とサワラをバランスよく配合した天然木材の香りの効果で、深いレム睡眠が早くやってきます。

ただ単に天然素材を利用するだけではなく、その効用とバランスをデータと照合しながら10年の歳月をかけて完成したものが桐めんえきベッドです。


病気は夜作られます。


■このような方々が利用されています。

●冷え性・更年期の健康管理をしたい方
●不眠症・ストレスでお悩みの方
●高血圧・動脈硬化の気になる方
●活力・精力減退が気になる方 
●癌治療をされている方
●糖尿病の方
●難治性疾患の方
●受験生
●睡眠時間が少ない方

商品名 :桐めんえきベッド
価格 :569,520円(税抜き)
送 料 :無料

※桐めんえきベッドは代金入金後の生産、発送になります。

桐はとても軽いので、組立、移動は簡単です。 工具不要(ネジ類は一切使用していません。) 組立説明書在中 (組立所要時間は15分程度)




〔桐ベッドの推薦〕


ベッドの役割は、疲れをとることだけではありません。
若さと美しさを保つためのオアシスのような存在です。
なぜなら睡眠には、成長ホルモンの分泌を促進し、疲労を回復させる働きがあるからです。

「桐ベッド」は桐と炭と特殊ヒーターとのトリプル遠赤外線により、冬は温かく、夏もほど良い温かさが冷えを防ぎます。
また桐と炭の多孔が湿度を調節し、温度と湿度のバランスがとれた良環境を作り出していますから、多忙で睡眠時間が短い方でも、充分な熟眠効果を得ることができます。

さらにほど良い硬さの桐板は、直接上に寝ることもできますので、背筋や頚椎を伸ばし、血液やリンパ液の流れを妨げません。
もちろんお布団を敷いていただいても構いません。

私どもが使用している桐は、無農薬・無公害の土地で植林した天然樹木を厳選していますので、人に優しく安全です。

NPO法人 桐ささやかな植樹祭 
理事長 八木 隆太


環境の変化が影響し、冷えが原因で病気になる人が増えています。
健康な方でも疲れると、通常よりも体温が下がる場合が多く、就寝中朝5時くらいが最も低体温になると言われています。
体温が下がることで、身体の営みが正常に働かず、逆に体温が0.3度上昇すると、解決できる病気や不快症状は予想以上に多くあります。
ですから身体を芯から温めることはとても大切なことなのです。

体が芯から温まるために重要なのは、水分です。熱と水分が一緒になることで、熱過ぎない心地よい熱が、身体の表面から深部まで、惜しみなく伝わっていきます。

桐は空気層が沢山あり、ほど良く水分を含んだ木です。
この水分が温まり、竹炭の遠赤外線と一緒に「湿熱」となって、身体を温めます。
身体の表面から深部までがしっかりと温まるには、充分な時間が必要です。
「湿熱」は乾熱に比べてやわらかく、ゆっくりと時間をかけて身体を温めます。
「湿熱」は長時間かけて身体を温めても、肌が乾燥することなく、熱による疲れも残りません。

ほかほか健康SHOP
店長 依田 孝吉



Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所