携帯電話で「eラーニング」

ライフスタイル総合研究所



 携帯電話で「eラーニング」

投稿日:2004年05月31日 12:55

 インターネット総合ポータルサイトの「インフォシーク」と三菱総合研究所は2004年4月26日、「第8回携帯電話コンテンツ/サービス利用者調査」の調査結果を発表しました。

 この調査は、携帯電話を利用したeラーニングをテーマとして、4月13日?4月15日、15歳から59歳の男女を対象に実施したもので、回答者は2,046人(男性49.9%、女性50.1%)、そのうち携帯電話利用者は1,741人でした。

 調査によると、携帯電話でeラーニングを利用したいとする回答は、携帯電話利用者の46.5%でした。特に、資格取得や語学の学習に注力したい層での利用意向が高かった。

 学習方法としては、理解度や記憶のチェックテストや、単語集・用語集の確認といった方法を挙げる回答が多かった。ただし語学では「音楽・音声再生機能を利用して、講義や外国語会話例を聞く」方法に、資格関連では「インターネット接続機能を利用してテキストを補足する情報を入手」する方法に関心が高かった。

 携帯電話でのeラーニングの主な利用場所は自宅とする回答が多く、机の上の学習の気分転換に、リラックスして学習するスタイルが想定されているものと考えられます。支払ってもよい金額の平均は635円でした。

 また、携帯電話によるeラーニングを利用したくない理由としては、画面の小ささや入力のしにくさを挙げる回答が多かったようです。



http://www.lifestyle.co.jp/2004/05/post_132.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所