統合医療展2005

ライフスタイル総合研究所



 統合医療展2005

投稿日:2005年01月17日 01:10

 1月21日(金曜日)、22日(土曜日)にパシフィコ横浜で「第1回統合医療展」が開催されます。丹羽クリニックと丹伸研究所は、30年に渡る統合医療の実践を公開致します。

 代替医療、混合医療、伝統医療と言うと一般的には「データ」即ちエビデンスが不足していることや、医師が携わっていない等、従来の医法、医療になじまないという事で公的には認知されてきませんでした。
 しかし難治性疾患、生活習慣病、ストレス等、従来の医法、医療では「完治」の答えを十分に出し得ない中、多くの患者さんの声に、命がけの声に押されて実現した今回の統合医療展で、丹羽クリニックが36,000人の触診、データ、アトピー性皮膚炎だけでも5,300例に及ぶ完治の実例、その方法論をわかりやすく展示公開します。

 中心テーマは自己治癒力=免疫力の回復、維持です。丹羽クリニック/丹伸研究所では、その治療に使用する施設、ビタミン+医薬品、機具、検査を治療理論の体系を基に余すところなく公開します。

 中でも通院、入院、手術だけではなく、統合医療の家庭における実践方法、そのサポート製品の充実が目をひきます。
 いくつかの例をご紹介します。

1.桐免疫ベッド
 人は1日24時間のうち、その25%?30%は寝具の中で過ごしています。しかもその時間帯は一番免疫力の下がる時間帯です。
 製品完成まで3年間で22回、200人にのぼるデータの集積で、熱くなく、しかも深く優しく「温熱」が身体に浸透していく「桐」と「炭」と「医療用ヒーター」そして「+α」をデータを基にバランス良く配置したベッドです。(シングル ¥498,000)

2.アスクレオン…オゾン、マイナスイオン殺菌・脱臭機
 従来のフィルタータイプ、電気放電タイプではメンテナンスが頻繁で煩雑だった事、特にマイナスイオン発生器では、放出口部分に黒いスラッジ(酸化物)がすぐ厚く付着し、半年も経てば効果が60%以上減少するものがほとんどでした。
 アスクレオンは特許の回転電極によるスラッジ付着防止で、1年間のメンテナンスはフィルター交換がたったの1回で30秒、それでいて効果の減衰率はたったの3パーセントです。日常生活に全く支障のない0.015ppm(厚生労働省基準0.1ppm)のオゾン併用で、一般医療施設、家庭で防御しようのなかった鳥インフルエンザ、SARS殺菌にも対応します。
 重量はたった4.5kgで持ち運びができます。最高級桐のケース入りで金属、アトピー、アレルギーの方にも対応できる24畳タイプです。(¥398,000)

 その他家庭でもできる対応対策が手にとるようにわかるコーナーです。

「統合医療展2005」

日 時:1月21日(金曜日)10:00?17:00 (※ 終了しました)
     1月22日(土曜日)10:00?17:00 (※ 終了しました)

場 所:パシフィコ横浜 展示ホールD
  
入場料:3,000円



http://www.lifestyle.co.jp/2005/01/post_53.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所