食物繊維

ライフスタイル総合研究所



 食物繊維

投稿日:2009年08月03日 09:00

 体の毒素の約75%は大便によって排出されます。大便の排出がうまく機能
しないと、体の毒素が血液に入り込んで肌荒れや口臭だけでなく、肝臓や腎
臓などの臓器にも負担をかけることになります。腸の善玉菌を増やして排便
を促すためにも食物繊維は欠かせません。

 食物繊維とは「人の消化酵素で消化されない食物中の難消化成分」と定義
されています。食物繊維の主な働きとしては、1.消化器官の働きを活発にす
る。2.便の容量を増大させる。3.腸内細菌の活動を活発にさせる。などがあ
げられます。

 五大栄養素として、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルがあり
ますが、これらに続く「第六の栄養素」として食物繊維は大変に重要です。
代表的なものとして、植物に含まれるセルロースやペクチン、動物に含まれ
るキチンなど、いろいろな種類があります。

 食物繊維は、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と水に溶けやすい「水溶
性食物繊維」の二つに分けることができます。水溶性食物繊維は、熟した果
物などに含まれていて、食後の血糖値の急激な上昇を防いだり、コレステロ
ールの吸収を抑制したりする効果が確認されています。不溶性食物繊維は、
野菜や穀類、豆類等に多く含まれています。

 食物繊維は腸内細菌のエサとなり、善玉菌であるビフィズス菌を増加させ
て腸内環境を改善してくれます。大腸の働きを促がして、消化器官の活動を
活発にすることは、スムーズな便の排泄につながります。ヨーグルトのビフ
ィズス菌を摂取する方法もありますが、大半は胃酸で壊されてしまいますか
ら、わずかなビフィズス菌しか腸まで到達できないようです。

食物繊維を摂ると、適度な水分を含んだ便が大量にできます。この中にコ
レステロールや余分な糖、発がん物質などが吸収され、体内に蓄積されるの
を防ぎます。そして、腸の中で不必要に滞ることなく、食べた物は約24時間
で体外へ排出されますから、生活習慣病の予防には理想的な役割を果たしま
す。又、がんの予防効果を期待する意見もあって、健康医学の分野で注目を
集めています。

しかし、最近では食生活の欧米化で、肉や乳製品の摂取が増え、食物繊維
の摂取量は減ってきています。成人の1日の摂取量目安は、20?25g程が目
標になっていますが、現状は60歳以上の成人で11g、60歳未満の成人では8
g程しか摂取できていません。

 食物繊維20gは、ゴボウで約2本、カボチャ半個、にんじんなら3?4本に
相当します。豆類やゴマ、キノコ類のほかヒジキやワカメ、寒天などの海草
類にも多く含まれています。コメを中心とした日本食には多くの食物繊維が
含まれていますので、腸内環境の整備には適しています。

 糖尿病や肥満予防、アンチエイジングにもつながる食物繊維の摂取を心が
けましょう。



http://www.lifestyle.co.jp/2009/08/post_332.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所