「住まいの防犯対策」4

ライフスタイル総合研究所



 「住まいの防犯対策」4

投稿日:2009年10月21日 09:00

 今回は建物本体についてです。不在確認をどのようにするか。泥棒アンケ
ートでは、1番目に「インターホーンを鳴らして確認する」、2番目に「人
の動きがないか様子を見る」、その他に「石を投げる」、「電話をかける」、
「新聞や郵便のたまり具合を確認する」と続きます。他に「夜遅くまで干し
物がある」、「深夜になるまで明かりが点かない」、「雨が降ってきても洗
濯物を干し放し」なども留守を確認する要素になります。

 次にどれだけ時間が掛かったら入るのを諦めるかを聞いたところ、「2分
以内」が17%、「2?5分」が51%、「5?10分」が23%、残りが「10分以
上」とあります。よく5分以上開かなければ諦めるといいますが、アンケー
トの通り2/3の泥棒が5分以内で開かなければ諦めることになります。言い
換えれば5分以上居られる場所を作ってしまえば泥棒は諦めないことになり
ます。

 また、侵入の手口で何処から入るのか。1番目に「居間の窓から」が55%、
「玄関のドアと浴室・台所の窓」がそれぞれ15%くらいで「勝手口」、「ベ
ランダ」と続きます。次にどのような手口を使うかという質問に1番目が「
ガラスを割る(破る)」が70%以上で圧倒的です。続いて「無施錠」、「ド
ア破り」が続きます。戸建てのピッキングは極稀なケースです。注意するこ
とは忍び込みの2/3が無施錠で侵入しています。家に居るから施錠しなくて
も大丈夫という意識は非常に危険です。必ず、施錠してください。

 まずは、侵入するのに5分以上掛かるよう工夫することです。前回の泥棒
アンケートの結果では、1番目に「クレセントを空ければ入りやすい家」で
したが、どのお住まいにもクレセントは付いているものです。どうすればサ
ッシを開けられないようにするかですが、手口はガラスを割るのですから割
れないようにすることです。防犯ガラスは思いっきりハンマーで叩いてもい
きなりは割れにくいようになっています。

             NBDesign 防犯設備士&一級建築士 杉山克秀



http://www.lifestyle.co.jp/2009/10/post_354.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所