花粉症対策「喉の乾燥に注意!」

ライフスタイル総合研究所



 花粉症対策「喉の乾燥に注意!」

投稿日:2011年02月25日 13:07

 この季節の花粉症対策として重要なのが「喉のケア」!「実は“乾燥”は
大敵なんですよ」と、アレルギー内科、呼吸器内科の専門医である池袋大谷
クリニック院長の大谷義夫医師が話しています。

 「花粉症の症状としては、目のかゆみやくしゃみ、鼻水などがよく知られ
ていますが、意外にも喉頭症状(喉の症状)を訴える人は多いんですよ。喉頭
症状は、スギ花粉の患者の内、78%の方が症状を感じているという報告もあ
ります」と話すのは、大谷先生。喉頭症状は、喉の異常感、かゆみなどが挙
げられますが、実は、これらはアレルゲンである花粉が喉の粘膜に付くこと
で炎症となってしまう場合があります。

 さらに、“喉の乾燥”に悩む人も多くなるそうで、これは鼻づまりから口
呼吸になってしまうことで乾燥感を助長させている場合と、花粉症治療薬の
影響である場合があります。花粉症を治療する抗アレルギー薬は、神経信号
を伝達するために神経細胞が放出する化学伝達物質・アセチルコリンの作用
を遮断する副作用(抗コリン作用)を起こし、だ液の分泌を減少させてしまう
そうなのです。

 しかし、殺菌や抗菌作用のあるだ液の分泌が減ると大変困ったことになり
ます。花粉症がもたらす“喉の荒れ”、口呼吸による“喉の乾燥”などと合
わさって、喉の防御機能として働く、喉や鼻の粘膜の“線毛(せんもう)”が
役割を果たさなくなり、インフルエンザや風邪など、細菌・ウィルスの感染
リスクを上昇させてしまいます。こうなると、花粉症、喉の異常、細菌・ウ
ィルスの感染など、負の連鎖になってしまいます。

 花粉症、インフルエンザや風邪、歯周病予防に「酸性電解水」でうがいを
したり、スプレーボトルに入れて喉をシュシュシュっとするのもお勧めです。

 「酸性電解水」のサンプル、資料を差し上げます。ご希望の方はライフス
タイル総合研究所まで郵便番号、住所、お名前、電話番号をご連絡ください。
TEL:03-3449-1021 E-mail:life@lifestyle.co.jp



http://www.lifestyle.co.jp/2011/02/post_487.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所