食中毒に注意!

ライフスタイル総合研究所



 食中毒に注意!

投稿日:2011年06月15日 09:00

 病原性大腸菌のうち、O157やO111など腸管出血性大腸菌による食中毒は
2009年、2010年と2年連続して、約9割が飲食店で起きていたことが厚生労
働省のデータで分かりました。同省が生肉の衛生基準を策定した1998年は2
割未満でした。専門家は、衛生基準の形骸化や、低価格競争で安全性が軽視
される風潮などが背景にあると指摘しています。

 同省によると、腸管出血性大腸菌による食中毒は1998年に16件発生、この
うち飲食店での食事が原因と判明したのは3件でした。2000年以降、全体の
発生件数は12-27件で推移してきましたが、飲食店での発生割合は増加傾向
になり、2009年は26件中24件、昨年も27件中24件を占めました。

 死者は2003年を最後に出ていませんでしたが、今年になり焼き肉チェーン
店「焼肉酒家えびす」で4人が死亡しました。原因とみられるユッケは280円
で提供され、業界団体や肉の小売業者からは「安全な商品を出そうとすれば、
もっと高い価格になるはずだ」との声も上がっています。

 本田武司・大阪大名誉教授(細菌学)は「学校や保育所などでは衛生面で
のマニュアルがきちんと守られ、発生件数が減ったのだろう。菌が少数でも
発症することがあり、肉を扱う外食産業ではより注意が必要だ」と警告して
います。

 手指の除菌、喉のケア、風邪・歯周病予防に「無塩酸性電解水」!サンプ
ル、資料を差し上げます。ご希望の方はライフスタイル総合研究所まで郵便
番号、住所、お名前、電話番号をご連絡ください。

TEL:03-3449-1021 E-mail:life@lifestyle.co.jp



http://www.lifestyle.co.jp/2011/06/post_519.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所