ジャンクフードに注意

ライフスタイル総合研究所



 ジャンクフードに注意

投稿日:2012年12月13日 09:00

ジャンクフードとは、スナック菓子やインスタントラーメン、ファースト
フード(牛丼・ハンバーガー・ホットドッグ・フライドチキン・シェイク)等、

手軽に食べられるが栄養価に疑問のある食べ物を指します。糖質や脂質が多
く含まれていて、米国で生まれたものが多くあります。

 健康で長生きするには、親から子に伝わる遺伝子の働きが大きいのですが、

遺伝子が人の寿命に影響を及ぼす割合は約25%ほどで、しかもこの遺伝子の
恩恵は40歳頃までにほぼ使い切ってしまいます。「40歳から始める100歳ま
でぼけない習慣」(白澤卓二著、朝日新聞)の中の第2章の中に「ジャンク
フードは危険」の頁があり、ジャンクフードは体を痛めつけると指摘してい
ます。それだけでなく、ジャンクフードをやめられない人の脳の中はドラッ
グ中毒者と同じ状態とまで言い切っています。
 米国民は多くのジャンクフードに取り囲まれているせいか、健康を害して
いる人が多く、平均寿命も先進国の中では短い部類に入ります。ネズミを使
った実験では、あるグループには栄養価の高いバランスの摂れた健康食品を
与え、もう一つのグループにはジャンクフード、ベーコン、チーズケーキ、
ソーセージなどを制限なく与えました。するとジャンクフードを与えられた
グループは体重が増え、活動も減りました。

 ジャンクフードにはドーパミンの分泌を盛んにする作用があり、これは麻
薬を吸ったり、性的な快感を得たり、濃厚なデザートを食べる時と同様だと
言われています。簡単に快楽を得るには高カロリーなものを食べれば良いと
学習してしまった結果、食事でも中毒になることが実証されました。

 いつでも美味しいものが食べられる飽食の時代、ついつい高カロリーなも
のを食べてしまいますが、たかが食事と侮らない注意が必要です。健康は自
分の責任で生活習慣の改善などを心がける必要があります。



http://www.lifestyle.co.jp/2012/12/post_615.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所