水素が抜けない水素水

ライフスタイル総合研究所



 水素が抜けない水素水

投稿日:2012年12月28日 10:24

 地球上のすべての動植物が元気に生活するために欠かせない生命エネルギ
ーはATP(アデノシン三リン酸)という物質です。ATPは、体内の細胞
の中にあるミトコンドリアという生命エネルギーの製造工場で常に作られて
います。ただ、年齢を重ねていくと体内の細胞が減少しミトコンドリアの数
が減少します。エネルギーの製造工場が減ってしまうので、生命エネルギー
のATP自体も少なくなってしまい、老化と共に体力が低下してくるのです。

 そこでマイナス水素イオンが大活躍します。マイナス水素イオンはミトコ
ンドリアをより活発にし、ATPをより活発に機能させるので、たとえ老化
によってミトコンドリアが減少しても、それを補えるほどの生命エネルギー
を作ることができるようになると言われています。生命エネルギーが効率的
に作られると、疲れや老化の改善、運動能力が向上します。また、代謝が促
進されるので、ダイエットにも効果的と言えます。

 切ったリンゴの切口が変色したり、釘に錆が生じるのは空気中の酸素に触
れてリンゴや釘が酸化したからです。ヒトの体もリンゴや釘と同じように酸
素を体内に取り入れることで酸化しています。体内に取り入れられた酸素の
約1?2%は活性酸素という物質に変化してしまいます。

 活性酸素は、本来は体内に侵入してきたウィルスや病原菌を撃退してくれ
る、とても大切な防御システムです。しかし、いろいろな要因により過剰に
発生すると悪玉活性酸素に変化し正常な細胞にまで攻撃し始め、次々に酸化
させてしまうのです。細胞が酸化してしまうと、「がん」「動脈硬化」「心
筋梗塞」などの病気を引き起こしたり老化の原因にもなります。

 この過剰に発生した活性酸素に対抗するシステムを抗酸化システムと言い
ます。抗酸化システムには、体内で作られる抗酸化酵素と体外から採り入れ
られる抗酸化物質とがあります。抗酸化酵素は活性酸素と結びついて、害の
ない物質に変化させる働きがあります。しかし、悪玉活性酸素全てを消せる
わけではありません。また年齢を重ねていくと、体内で酵素を作る能力が徐
々に低下してしまいます。そのために、体外から抗酸化物質を取り入れるこ
とが大切なのです。

 体外から取り入れる抗酸化物質としてビタミンC、ビタミンEなどが有名
ですが、ビタミンCなどは、悪玉・善玉を区別することができずに、全ての
活性酸素を除去してしまいます。さらに悪いことに、ビタミンC、ビタミン
Eなどの抗酸化物質は活性酸素を除去したあとは自らが酸化されてしまいま
す。酸化されたビタミンは周囲を次々に攻撃し、返って酸化させる危険があ
ります。

 そこで水素が大活躍します。水素は悪玉の活性酸素に対してのみ働きかけ、

無害な水に変化して尿となって体外に排出されます。また同時に、酸化した
他の抗酸化物質を元に戻すことが出来ると言われています。つまり水素は、
水素自身が悪玉活性酸素を消すだけでなく、体内の抗酸化物質をリサイクル
して生命力や免疫力を高めることができる画期的な物質なのです。

 昔から、病気を治す奇跡の水といわれて来たルルドの泉の水。この泉の水
にはマイナス水素イオンが微量に含まれているといわれています。この奇跡
の水をつくりたい一心で、食べるマイナス水素イオンの発明者、及川胤昭博
士が研究・開発したのが、セラミックボール(特許第4218939号)を使用し
た「プラズマプラクシス」です。水道水を、マイナス水素イオンが溶け込ん
だプラズマ水素水に簡単に変えることができます。

 水素プラズマウォーター生成スティック「プラズマプラクシス」で作った
プラズマ水素水は、水中で水素分子がたえず電離してプラスとマイナスの水
素イオンが発生(プラズマ状態)しています。そのため、プラズマ水素水の
表面に電離層ができ、これがフタの役割をして水素の放散を防いでいます。
こうして水に溶け込んだマイナス水素イオンがフリーラジカルを消去して無
害な水に変えてしまう大きな力となるのです。



http://www.lifestyle.co.jp/2012/12/post_617.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所