「元気な身体づくりに酵素」

ライフスタイル総合研究所



 「元気な身体づくりに酵素」

投稿日:2014年11月27日 09:00

酵素は身体の中にある「体内酵素」と、外から摂り入れる「食物酵素」の
2つに分けられます。さらに、体内酵素は食べ物を消化する「消化酵素」と、
細胞分裂やケガを治すなど、新陳代謝を司る「代謝酵素」とが存在します。
一生の間につくることができる「体内酵素」の量は決まっています。外から
「食物酵素」を積極的に補うことで、「消化酵素」は節約され、「代謝酵素
」がしっかり働ける環境をつくります。飽食の現代人にとって「消化酵素」
の無駄使いを抑えることが美容と健康の鍵になります。

日々消費し続ける「体内酵素」は40代を過ぎると急速に減少するといわれ
ています。また現代人は「高脂肪・高タンパクの食事」や夜更かしなどの「
生活習慣の乱れ」が原因で、必要以上に酵素を消費しているといわれていま
す。体内酵素は体内で作られる酵素で、消化酵素は食べ物を消化分解し、吸
収するための酵素です。

代謝酵素は身体の正常な働きに必要な酵素で、吸収された栄養を体内の細
胞に届けて、有効に働く手助けをします。新陳代謝を促進し、毒素を汗や尿
の中に排出して、有害物質の除去を行います。また、身体の悪い部分を修復
し、病気を治す自然治癒力や免疫力を高めます。

食物酵素は身体の外にある酵素で、野菜・果物・生の肉・魚など、生の食
べ物や、味噌・納豆・ぬか漬けなどの発酵食品ですから、積極的に摂るよう
に心がけましょう。

★鶴見隆史医師推奨!
 今、注目されている酵素「鶴見式酵素」
http://www.lifestyle.jp/turumikoso.htm

 



http://www.lifestyle.co.jp/2014/11/post_745.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所