「新国立競技場」

ライフスタイル総合研究所



 「新国立競技場」

投稿日:2015年07月29日 09:00

競技場は本来、フィールドがあって観客席が取り巻く単純なものなんです。
円形か楕円形、幾何学的に対称形だから同じ部品を積み重ねて建てられるん
です。オリンピックの基準に適合する形を使えばいいんです。

僕が提唱しているのは、旧国立競技場の復元です。それによって、先人た
ちの遺産、レガシーの共有ができます。旧国立競技場の図面は残っているん
だから、DNAでマンモスを再生するように、今の技術で作ればいいんです。
現実的に考えたら、これが一番早いんです。

見直すとなった時に「じゃあ新しいデザインは、どんなものを誰に頼むん
だよ」という揉めそうな問題をすっ飛ばせるからです。国民の同意も得やす
いし、専門家同士で足を引っ張る必要がなくなるんです。ついでに、旧国立
競技場の見た目を踏襲すれば、神宮の景観を守りたい、という要望もクリア
できます。元の図面があるから、設計も時間がかからない。すぐに着工でき
ます。

伊勢神宮は、何十年かおきに、同じ建物を作って引っ越しますよね。あれ
と同じように近代建築における「遷宮」というのをやればいいんです。旧国
立競技場は派手さはないけど、機能性とシンプルを突き詰めた大傑作です。
本来日本人が持っている文化の一つと言ってもいいんです。漆の器とか日本
刀とかと同じように、本質を突き詰めた美なんです。

それくらい、建築物として「完成形」だったんです。壊しちゃってまた、
気づいた人も多いんじゃないかと思います。「だからまた、あれ作ろうよ」
っていうことです。自民党の勉強会でも同じ話をしました。けっこう、賛同
は得られたんじゃないかな、と思うんですけどね。

建築エコノミスト 森山高至氏

★抗酸化ミネラル「ハイドロンホワイト」
 によるリンゴの酸化・還元実験!
http://www.lifestyle.jp/hydoron.html



http://www.lifestyle.co.jp/2015/07/post_792.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所