リファイニング建築1-2

ライフスタイル総合研究所



 リファイニング建築1-2

投稿日:2016年10月07日 09:00

高度成長期に住宅ローンが創設されて、多くの国民が家を持つ時代になりました。住宅の大量生産が求められるなか、日本の高温多湿の気候を無視した間取りや工法、安価で質の悪い材料を使った質の悪い家も多く建てられました。その結果、床下の風通しが悪くなって床下の材料が腐ったり、壁内結露を起こしやすい工法が普及したことも、住宅の寿命が短い一因になっています。

青木茂建築工房の代表者で、首都大学東京の教授でもある青木茂氏が提唱している「リファイニング(再生)」という手法が注目されています。リファイニング建築(商標登録第4981412号)とは、現行法に則って弱体化した建物の安全性や快適性を取り戻し、新築に劣らぬ資産価値にまで高めることで、人々が長く住み続けられる環境を実現させる手法です。

★ほかほか健康ショップの健康住宅
冷暖房の節電効果が高く、エコロジーな桐の健康住宅内装材
床、壁、天井、収納等の販売、新築・リフォーム工事
http://www.lifestyle.jp/kirigoods.html



http://www.lifestyle.co.jp/2016/10/post_1026.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所