健康と花粉症「新しい治療方法も」2

ライフスタイル総合研究所



 健康と花粉症「新しい治療方法も」2

投稿日:2017年03月02日 09:00

花粉症の治療で最もよく使われるのは「第2世代抗ヒスタミン薬」という種類の飲み薬で、くしゃみや鼻水を抑える効果が高く、早いタイプでは飲んで20?30分で効果が表れます。鼻づまりがひどい人には「抗ロイコトリエン薬」がよく使われています。

鼻アレルギー診療ガイドラインでは、症状のタイプに応じて薬を選び、重い場合は異なる種類の薬を組み合わせることを勧めています。2016年版からは初期の治療の選択肢として、鼻噴霧用ステロイド薬が追加されました。炎症を抑える作用があり、花粉症の代表的な症状であるくしゃみや鼻水、鼻づまりのいずれにも効果があるとされています。

★海からの恵みで免疫力を高める
「めかぶ糖鎖フコイダンドリンク」
http://www.lifestyle.jp/fco_ekis.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/03/post_1098.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所