健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-2

ライフスタイル総合研究所



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-2

投稿日:2017年09月05日 09:00

驚きは単にこれだけではありません。人体の皮膚表面に近い温度、摂氏35度の状態のときに放射する遠赤外線の波長は9.4ミクロンなのですが、まるでそれと符丁を合わせるように、桐も同じ9.4ミクロンという事実もわかりました。

仮に遠赤外線がその放射熱によって身体の芯まで温め、しかも防湿効果、防臭効果があり、さらに血液の循環をよくするような機能を備えているとすれば、桐自身の特性とともに優れた相乗効果を発揮するのではないでしょうか。

桐の超能力 森崎工芸株式会社森崎勉著より

★寝ているときに体温が下がると、免疫力は著しく落ちてしまいます「桐温熱ベッド」は身体の冷えを防ぎます
http://www.lifestyle.jp/bed.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/09/32_2.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所