「超強烈電磁波、IH調理器」3-2

ライフスタイル総合研究所



 「超強烈電磁波、IH調理器」3-2

投稿日:2017年10月03日 09:00

前述したようにロバート・ベッカー博士は、電気器具から出る電磁波の「安全基準」は、1ミリガウスとしています。1ミリガウスに比べて、4ミリガウス以上の場所で暮らしている子どもは、白血病4.73倍、脳腫瘍10.6倍です(国立環境研究所)。

ところがIH調理器は、30cm離れた場所でも70ミリガウス前後被爆します。電磁波は近づくと急激に強度が強くなります。料理のときは近づくのが普通です。すると被爆する有害電磁波は、1000ミリガウスにも達するでしょう。そして、もっとも電磁波の悪影響を受けるのは「成長中の細胞です」(ベッカー博士)。

船瀬俊介氏著:「知ってはいけない」「やっぱりあぶないIH調理器」より

★ほかほか健康ショップの健康ベッド
桐温熱ベッドは医療健康増進に寄与する桐寝具の普及を目的に医学博士白澤卓二院長のお茶の水健康長寿クリニックに設置してあります
http://www.lifestyle.jp/bed.html



http://www.lifestyle.co.jp/2017/10/post_1187.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所