健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」2-2

ライフスタイル総合研究所



 健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」2-2

投稿日:2018年03月07日 09:00

グルタミン酸の受容体は、脳や脊髄などにある中枢神経系のシナプス(神経細胞)に多く存在していますが、さらに最近の研究では、それらが中枢神経だけでなく体内の全ての臓器や組織に存在することがわかっています。食道から大腸までの全ての消化器系にもおびただしい数のグルタミン酸受容体があるのです。

また、心臓の刺激伝道系や肺、卵巣、精子まで含む全ての生殖器系、副腎、骨、すい臓までもグルタミン酸の受容体で活動が制御されていることもわかっています。それらの体内に分布するグルタミン酸の受容体は脳内のものとまったく同じ働きをします。

★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
水素イオンで体の不要な活性酸素を消去!
春ウコンで健康に大切な成分を「水素春ウコン」
http://www.lifestyle.jp/ukon.html

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/



http://www.lifestyle.co.jp/2018/03/22_4.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所