健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」2-4

ライフスタイル総合研究所



 健康と興奮毒性「うまみ調味料の興奮毒性と回避方法」2-4

投稿日:2018年03月13日 09:00

実際、私が話した心臓病専門医のほとんどが、心臓刺激伝導系や心筋にグルタミン酸受容体が多く存在することを知りませんでした。アメリカ国内だけでも不整脈を抱える患者が数百万人いますが、心臓を刺激するグルタミン酸ナトリウムやアスパルテームを避けるよう彼らに助言する医師はいません。

また、興奮性神経毒はがん細胞の成長と転移を劇的に促進することも最近になって判明しました。実際にある研究者が、がん細胞がグルタミン酸との接触で刺激されて、動き回ることを観察しています。化学調味料の成分であるグルタミン酸ナトリウムも同じようにがん細胞を活性化し、がんの転移を促します。

春ウコンにバランスよく含まれているクルクミンやフラボノイドには、グルタミン酸の吸収を妨げることで興奮毒性を和らげる効果があります。

脳神経外科医 ラッセル・ブレイロック博士

★ほかほか健康ショップのウコンサプリメント
水素イオンで体の不要な活性酸素を消去!
春ウコンで健康に大切な成分を「水素春ウコン」
http://www.lifestyle.jp/ukon.html

この1冊で春ウコンの全てがわかる!
http://www.haru-ukon.com/index.php?%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9



http://www.lifestyle.co.jp/2018/03/24_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所