健康と桐炭「腸と全身疲労」2

ライフスタイル総合研究所



 健康と桐炭「腸と全身疲労」2

投稿日:2018年12月18日 09:00

■それでも腸が荒れてしまったら?

腸内のバランスを整えるのが大事と分かっていても、会社の付き合いで宴席を断れないこともあるでしょう。
忘年会などで暴飲暴食をした結果、「胃腸が荒れてしまった」という方は、食事の際は消化吸収が良いものを選び、少しでも負担を軽くしてあげましょう。

たとえばキャベツ、大根、白菜、ほうれん草などの野菜や、うどんや豆腐などは消化によく、栄養価も高いのでオススメの食品です。
おかゆやスープなど、なるべく食材が柔らかくなるよう調理方法もひと工夫すると、消化吸収がさらに良くなります。

逆に、繊維の多いごぼうやレンコン、きのこ類、酸味のある柑橘類、油分の多い揚げ物などは消化の際に負担になります。
食事が出来ないほど胃腸が荒れている場合は、無理に食事をしたりすることはせず、様子を見ながら医療機関などを受診しましょう。

※ほかほか健康ショップの「食用桐炭パウダー」がカプセルになりました。
先着100名様に桐炭カプセルの試供品を無料プレゼント♪
『お電話』、『メール』、『FAX』でお申込みください。
TEL:03-3449-1021
FAX:03-3449-1022
E-mail:life01@lifestyle.co.jp

★食べる桐炭パウダー「桐炭生活」でお腹も快腸♪
桐炭生活



http://www.lifestyle.co.jp/2018/12/post_1276.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所