第十七回「八ヶ岳薪能」

ライフスタイル総合研究所



 第十七回「八ヶ岳薪能」

投稿日:2007年07月30日 09:35

■能 清経 きよつね

 世阿弥の描く滅びの美学。傾く平家の運命、雑兵(ぞうひょう)に討たれる不名誉を避けるために、この貴公子は、入水して極楽への道を選んだ。

 父・清盛の暴虐が止まぬならわが命をと薬を断ってみまかった平重盛(たいらのしげもり)の三男が清経である。長兄の維盛(これもり)も、戦線を離脱し、那智の沖に入水して果てる。「鬱」の遺伝子らしい。戦死した次兄の資盛(すけもり)は、建礼門院右京太夫(うきょうのだいぶ)の恋人として知られる。

 清経の亡霊は、絶望的な平家の将来を語り、笛を吹きすさび、心静かに死を迎えた状況を物語る。彼の魂は修羅道に堕ちるが、やがて死の瞬間の心の清らかさゆえに、成仏への可能性が開かれて、この美しく悲しい能は終わる。

 なお、「私の作品はすべて能です」という作家・秦恒平(はたこうへい)。その出世作が、太宰治賞を得た『清経入水』であった。

■狂言 呼声 よびこえ

 「ノリ」という言葉は、実は能と狂言が原点である。「呼声」は、その面白さに賭けられた、ほほえましく楽しい曲である。

 太郎冠者の無断欠勤。立腹した主人は次郎冠者を伴って彼の私宅へおもむく。次郎冠者が案内を乞うと、様子を察した太郎冠者は、隣の者と偽って居留守をつかう。主人も負けていない。作り声で「太郎冠者殿ウチにござるか」と呼びかけても同じ返答。「平家節(へいけぶし)」「小歌節(こうたぶし)」「踊節(おどりぶし)」と、さまざまな「ノリ」にのせられて、三人共に浮かれてしまう。

 中世歌謡のリズムとメロディを色濃く伝え、小品ながら見事な舞台が展開する。

■能 船弁慶 ふなべんけい

 世阿弥から二世代後の観世信光(かんぜのぶみつ)は、乱世の観客を魅するために、波乱万丈の面白さを能舞台に描いた。

 悲運の名将・源義経。兄に追われての都落ち。後を慕う静御前(しずかごぜん)。弁慶の進言で都に帰ることとなり、別離の宴がひらかれる。白拍子(しらびょうし)・静は思いをこめて舞い、けなげにも出船を促す。

 舞台は一転して海上となるが、平家の猛将・平知盛(たいらのとももり)の亡霊は、嵐を起こして宿敵の舟に襲いかかる。

 哀婉と豪壮、前後の変化の面白さ、作曲の妙。違う役を演じ分けるシテへの興味。ワキの弁慶も、狂言方の演ずる船頭も、シテと四つに組んで活躍する。

 なお義経を子方に演じさせるのは、能の主張である。「その時義経少しも騒がず」。凛然と響くボーイソプラノの効果も捨てがたい。

 今年は喜多流ばかりでなく、現代の能を代表する、友枝昭世(ともえだあきよ)、塩津哲生(しおつあきお)と、並び立つ名手に、地謡を香川靖嗣(かがわせいじ)という、贅沢を極める配役。しかも狂言の山本東次郎三兄弟の芸位は、まさに現演劇界の偉観と言えよう。
                          能楽評論家 増田 正造

2007年「八ヶ岳薪能」身曾岐神社 能楽殿

神事 舞台清め祓い式 宮司  坂田 安儀
解説 能楽評論家        増田 正造
能   清経             塩津 哲生
狂言 呼声             山本 東次郎
神事 篝火点火の儀       神   職
能   船弁慶           友枝 昭世

平成19年8月3日(金曜日)午後4時15分

http://www.misogi.jp/index2.html



http://www.lifestyle.co.jp/2007/07/post_219.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所