光熱費ゼロ住宅

ライフスタイル総合研究所



 光熱費ゼロ住宅

投稿日:2011年01月17日 09:00

 太陽光発電などの創エネに加え、省エネ性能の向上で光熱費を削り、「光
熱費ゼロ」を目指す住宅が登場しています。CO2の排出抑制で環境面の貢
献が大きいだけでなく、電力の供給バランスを最適化するスマートグリット
が普及するための試金石にもなりそうです。

 パナホームでは、自家発電を利用して「CO2±ゼロ住宅」を検証してい
ます。蓄熱材を床や壁に埋めたり、通風を活用して年間の温度環境を標準化
したり、発光ダイオード(LED)照明や省エネ家電を採用してエネルギー
消費量を1秒単位で計測しています。太陽光発電や太陽熱集熱パネル、家庭
用燃料電池などを搭載すると年間の光熱費は売電を含めて、差し引き10万円
のプラスになると試算しています。

 ミサワホームのスマートスタイルゼロは、光熱費とCO2のゼロを打ち出
しています。発電量がエネルギー使用量を上回り、太陽熱を暖房に使うなど
エネルギー効率の高さをアピールして、年間12万円のプラスになる計算です。
大和ハウスや住友林業、積水化学工業、トヨタホームなどもモニターでエネ
ルギーの使用量を「見える化」して家電の消費電力を制御し、もう一段の光
熱費削減に役立てる住宅に取り組んでいます。こうした住宅はスマートハウ
スと呼ばれ、政府も普及に力を入れています。

 創エネ機器の代表が太陽光発電システムとすれば2011年には蓄電池という
新たな「蓄エネ」機器が本格的に登場します。昨秋から売電価格が2倍に引
き上げられ、溜めるより売った方が得といった判断もできます。蓄電機能を
もつ電気自動車やプラグインハイブリット車があれば、家庭に蓄電池はいら
ないとの指摘もありますが、低炭素社会の実現には家庭の省エネ化が不可欠
です。民間の値下げ努力はもちろん必要ですが、政府に対しても総合的なエ
コ住宅補助の整備を求める声が高まっています。



http://www.lifestyle.co.jp/2011/01/post_474.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所