血管ほぐし

ライフスタイル総合研究所



 血管ほぐし

投稿日:2012年01月10日 09:00

 寒さ本番となってきました。手がかじかんだりしたときに自然に手をこす
って温めようとしますが、実はこの動きには科学的な根拠があるようです。
体をこする動作により皮膚の下の動脈が刺激され、血管の中に一酸化窒素が
発生して血管を広げて血流がよくなります。こすり方を工夫すると、体のい
ろいろな部位の血流がよくなり、冷えやむくみ、こりを取る効果だけでなく、
若さを保つことも期待できます。

 順番としては、手から始めるのがいいようです。手の動脈は比較的浅いと
ころを走っているので直接刺激しやすく、直ぐに温まります。また、神経分
布密度が高いので、ここを刺激すると脳や体の血流も増加します。そのとき
は指の両側を走っている動脈を意識してほぐします。時間は両手で約2分く
らいが目安になります。

 顔や頭の冷えはなかなか自覚しにくいのですが、目の回りのクマがひどか
ったり、顔が青白かったりしたら血流が悪くなっていますので、指を鼻筋に
当てて、指先を鼻骨に押し付けながら、上から下、下から上へを1分間程度
繰り返します。額は、両手のひらや4本の指の腹を使って、額の中央や額の
脇の部分を骨に押し付けるようにして30秒くらいずつほぐします。

 足は心臓から一番遠い場所にあるので、血液が届きにくく冷えを感じやす
い部位です。足首の浅い部位に血管が走っているので、ここをほぐすと足の
冷えが解消します。まずは足首を回して血流を改善し、足首と足先を両手で
しっかりつかんで、足首を回転させせます。その後足指をねじりながら1本
ずつしごきます。

 毎日全身を15分くらいほぐすのが理想ですが、血管を広げて血流をよくす
る一酸化窒素は刺激を受けた部分にだけ効果をもたらしますので、冷えの解
消が目的ならば、冷えてる部分を集中的にほぐしましょう。ちょっとした空
き時間やデスクワークの気分転換などで代謝促進を取り入れてみたらいかが
でしょうか。



http://www.lifestyle.co.jp/2012/01/post_557.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所