「耐震補強と地盤対策」

ライフスタイル総合研究所



 「耐震補強と地盤対策」

投稿日:2015年01月29日 09:00

阪神淡路大震災の犠牲者は住宅倒壊による圧死が大多数を占め、2015年1
月17日に20年を迎えました。国は耐震化率の統計を始めて、耐震性能を高め
るために構造材の接合部には金物で補強することを明記して、2000年に建築
基準法の改正を行いました。以来、耐震金物メーカーは大小併せて20社を超
え、自治体の耐震補強支援事業は、徐々にではありますが推進されています。

しかし、支援する対象の住宅は1981年以前の旧耐震基準の住宅が多いので、
木造戸建住宅の所有者の多くは家の寿命を20年から25年程度と想定していま
したから、価値のないものに投資するのを避けていました。

又、当初の自治体は低所得者を前提としていましたので、補助金制度の対
象件数も10件から20件という少ない状態でした。更に違法住宅と図面のない
住宅は対象外としましたので、利用したくても利用できなかった所有者が多
くいました。その後、各々の自治体内の所有者の実態に応じた緩和策を講じ
てからは、耐震補強の関心が高まって、1981年以降の新耐震基準住宅の所有
者は積極的に耐震補強を自費で行っています。

しかし、最近は地盤災害の多発によって耐震化率は低下していましたが、
阪神淡路大震災の20年目にメディアが地震と地盤を取り上げてからは、所有
者からの相談が多くなってきています。消費者(所有者)の想いは複雑で、
1981年を境に旧耐震基準と新耐震基準に分けられましたが、新耐震基準の住
宅にも危険な住宅が多いのです。この機会に「耐震補強と地盤対策」ついて
現場実務40年の体験からシリーズで語ります。

                 住宅リフォーム教室 主宰 山川義光

住み慣れた我が家のメンテナンス・リフォーム、冷暖房の節電効果が高い
桐の住宅内装材(床、壁、天井、収納等)の新築・リフォーム工事はライフ
スタイル総合研究所03-3449-1021までお問い合わせください。

★桐の調湿作用で四季を通じて快適な桐の住宅内装材
 床、壁、天井、収納等の販売、新築・リフォーム工事
http://www.lifestyle.jp/kirigoods.html
 



http://www.lifestyle.co.jp/2015/01/post_758.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所