ブレードレスタービン

ライフスタイル総合研究所



 ブレードレスタービン

投稿日:2015年08月21日 09:00

大手企業も注目しているエネルギーハーベスティング技術という、身の回
りの微小エネルギーを効率的に回収して電力に変換する技術があります。例
えば、キッチンの洗い物や浴室のシャワー、トイレで流す水などの家庭の身
の回りの微少なエネルギーを効率的に回収して電気に変えることができたら
と、考えたことはないでしょうか。横浜市の中小企業の産業機械メーカーが
実現可能な装置を開発しました。ブレードレスタービンを使用した水道発電
です。

ブレードレスタービンとは、羽を無くして二つの磁石で回転運動を可能に
した新方式のマグネット式流体圧力モーターです。そして、それを水道に装
着すると、家庭で水道発電が可能になるのです。水道の水はポンプを加圧し
て蛇口から出ます。そして、その圧力は蛇口から出た瞬間になくなります。
全国の年間水使用量は800億立方メートル(取水ベース)で、そのうち生活用水と工業
用水は300億立方メートルと膨大で、琵琶湖の貯水量とほぼ同じ量になります。

もちろん、そのエネルギーすべてを回収・利用できないとしても、その全
てを水道発電に利用することができるとしたら、約3万世帯の電力を賄うこ
とができます。日本の世帯数はおよそ5200万世帯ありますので、そこから計
算すると、この水道発電を利用できれば一世帯あたり、およそ年間5000円-
7500円の節約になります。

ただし、装着するだけではこの電力を活用することはできません。圧力か
ら作り出すエネルギーを売電もしくは利用できるような仕組みを作る必要が
あります。それがどれだけかかるかはまだ明確になっていませんが、価格的
には1000円程度で商品が作れますので、あとは売電システムの費用が大きな
ポイントになります。

2025年に世界で使用される水の量は、年間で5兆2000億立方メートルと推測されます
ので、机上の計算では日本の約200倍の発電量が可能になります。これだけ
の電力が発電されないのは勿体ない話です。現段階では、この全ての発電量
を効率的に使えるということではありませんが、今後の研究開発によって使
えるようになれば、クリーンエネルギーの一役を担えるのではないでしょう
か。

また、スペインのヴォルテックス社は、ブレードレスの風による振動を利
用した風力発電装置を開発しています。ファイバーガラスと炭素繊維で出来
た6mの風車は、コストも従来の3枚翼風車より約40%も安く、近くを飛ぶ
鳥にも安全です。現在、開発途上国での国内利用に向け、高さ3m未満の非
常に小さいサイズで、家の屋根に取り付けられる発電機の開発を行っていま
す。羽根無しタービンを利用した発電が、徐々に広がってきています。



http://www.lifestyle.co.jp/2015/08/post_799.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所