健康と腸内環境「腸内細菌が減っている」1-2

ライフスタイル総合研究所



 健康と腸内環境「腸内細菌が減っている」1-2

投稿日:2019年03月16日 09:00

それは、大便の量を見るとわかります。
大便は単なる「食べ物のカス」ではありません。

約60%が水分、約20%が腸内細菌とその死がい、約15%が腸からはがれ落ちた粘膜細胞の死がい、約5%が食べたもののカスという具合に構成されています。
つまり固形部分の大半は腸内細菌なのです。

ですから、大便が小さいということは、腸内細菌の数が少ないことを表します。
色が黒かったり、コロコロだったり、硬すぎたり、水っぽかったりなど、大便の状態がよくない場合は、善玉菌が少なく、悪玉菌が増えすぎているなど、腸内バランスが乱れ、腸内フローラが貧弱化していることを示しています。

医学博士 藤田紘一郎医師 PRESIDENT Onlineより

★体の中の不純物を排泄してデトックス!
腸内環境を整えてお腹も快腸♪
肝臓や腎臓機能が弱っている方、薬や化学物質、重金属アレルギーの方に
「桐炭生活」



https://www.lifestyle.co.jp/2019/03/_12.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所