健康と腸内環境「腸もれ症候群」2-1

ライフスタイル総合研究所



 健康と腸内環境「腸もれ症候群」2-1

投稿日:2019年04月12日 09:00

では、腸内細菌の数が減り、腸内フローラが貧弱になると、どうなるのでしょうか。
まず、箇条書きで記した「腸内細菌の働き」がうまく行われなくなります。
いずれも生命活動に関わるものですから、初期の状態では疲労感や憂うつ感が強くなったり、風邪を引きやすくなったり、便秘や下痢などの便通異常が生じたりします。

さらに腸内環境が悪化してしまうと、どうなると思いますか。
今、腸に細かな穴のあいている人が増えています。

医学博士 藤田紘一郎医師 PRESIDENT Onlineより

★ほかほか健康ショップの食用桐炭パウダー
体の中からキレイに♪
桐炭は油を吸着するので体スッキリ!
体の中の不純物を排泄してディスチャージ!
肝臓・腎臓機能が弱っている方、薬・化学物質・重金属アレルギーの方、お肌が気になる方、お通じが気になる方、体重が気になる方に
「桐炭生活」



https://www.lifestyle.co.jp/2019/04/21_13.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所