健康と添加物「食品表示」の真実2-5

ライフスタイル総合研究所



 健康と添加物「食品表示」の真実2-5

投稿日:2019年08月09日 09:00

しかし「一括表示」の場合、それを表示する義務はありません。
これらから何種類かを選び混ぜて、小麦粉に添加しパンが作られているのです。
このように色々な添加物を同時に摂取した場合の安全性については、全く検討されていません(前出の小薮氏)。

ソースやカップ麺、冷凍食品などに含まれる加工でんぷんとしては、11種類の物質が指定されています。
その内9種類では、EUの動物試験で腎臓に変化があったため、乳幼児向け食品には使用制限が設けられています。

米国でも製造基準や残留基準が規定されているのです。
しかし、日本ではまったく規定がされておらず、どの物質が含まれているのか分からないのが現状なんです(前出の垣田氏)。

週刊現代「知っておきたい食品表示の真実」より

★ほかほか健康ショップの食べる桐炭カプセル
桐炭は活性炭をも凌ぐ吸着力により、体内の不純物を吸収して排出を促します!
体スッキリ!油を吸着する「桐炭カプセル」
桐炭カプセル



https://www.lifestyle.co.jp/2019/08/25_8.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所