住まい「リフォーム工事で起こる問題点」3

ライフスタイル総合研究所



 住まい「リフォーム工事で起こる問題点」3

投稿日:2020年03月29日 09:00

3.法令に違反しないように注意しましょう

リフォームを行う場合も建築基準法が適応されます。
建蔽率や容積率を確認し、法令に違反しないように気をつけましょう。
例えば縁側、出窓、二階部分のベランダなどを設置する場合、建蔽率や容積率が変わってくる場合があるので注意が必要です。

4.大規模なリフォームは確認申請が必要です

たとえ敷地内であっても、庭部分に新たに部屋を増やす、平屋から二階建てに階数を増やすといった「増築」や、現在の建築物の半分以上をリフォームするなど、大規模なリフォームを行う場合は、役所に建築確認申請を提出する必要があります。
リフォームプランを立てたら役所に申請が必要か確認をしてみましょう。

5.補助金制度を活用しましょう

省エネ・耐震・バリアフリーなどが目的でリフォームを行う場合、国や地方自治体から助成制度を受けられる場合があります。また、エコポイント発行期間中の場合、商品券やエコ商品と交換可能なエコポイントが発行されます。
リフォーム前に補助が受けられる対象か確認をしておきましょう。

一般社団法人日本住宅保全協会 代理店 依田孝吉

★火災保険は火事になった時にしか使えないと思われていますが、火災保険は日ごろの雨、風、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも住宅を総合的に補償する保険として適用されます♪
該当する被災箇所は屋根、雨どい、雨戸、外壁、ベランダ・バルコニー、窓、庇、通気口、玄関アプローチ、カーポート、ウッドデッキなどです!

詳しい内容は一般社団法人日本住宅保全協会代理店の
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田までご連絡ください。
えっ?実質無料で住宅修繕!



https://www.lifestyle.co.jp/2020/03/21_19.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所