生活関連:ライフスタイル総合研究所

ライフスタイル総合研究所



ライフスタイル総合研究所TOP

 生活関連

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 JR東日本の建設プロジェクト2

投稿日:2017年10月30日 09:00

■東京駅北通路周辺整備 生まれ変わった駅舎にふさわしい明るい解放感のある通路に改良します。東京駅改札内にある北通路は中央通路・南通路に比べ幅員が狭いことに加えて、近年の上野東京ライン開業や駅周辺の開発…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 JR東日本の建設プロジェクト1

投稿日:2017年10月24日 09:00

■気になる駅改良プロジェクト1 駅の中を歩いている時、電車に乗っている時、工事が行われているところを見かけて「一体何ができるのだろう」と興味を持った方もいるのではないかと思います。JR東日本では駅やそ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「超強烈電磁波、IH調理器」3-4

投稿日:2017年10月15日 09:00

アメリカのフィリップス博士の報告によれば、強い電磁波を24時間浴びただけで、「体内のガン細胞の増殖スピードが最大24倍に激増し、それは被ばくを止めたあとでも細胞の数百世代先まで続いた」といわれています…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「超強烈電磁波、IH調理器」3-3

投稿日:2017年10月12日 09:00

それは細胞分裂のときにDNAが分裂して二本に再構築されるとき、電磁波の振動でDNAが破壊されるからです。だから受精卵、胎児、子どもなどが強く電磁波の影響を受けてしまいます。DNA損傷は発ガン、催奇形性…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「超強烈電磁波、IH調理器」3-2

投稿日:2017年10月03日 09:00

前述したようにロバート・ベッカー博士は、電気器具から出る電磁波の「安全基準」は、1ミリガウスとしています。1ミリガウスに比べて、4ミリガウス以上の場所で暮らしている子どもは、白血病4.73倍、脳腫瘍1…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「超強烈電磁波、IH調理器」3-1

投稿日:2017年09月26日 09:00

IH調理器は、これまで人類が遭遇した調理器具のなかで、もっとも危険極まりないものです。猛烈な強さの電磁波を発生するからです。日本でのIH調理器普及は、国際的には狂気の沙汰なのです。 アメリカでのIH調…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と電磁波「超強烈電磁波、IH調理器」2-2

投稿日:2017年09月01日 09:00

町議会でも被害について質問が出されましたが、町側は人体に影響はないとの答弁でした。その後、2004年10月末、職員の健康管理のため、自治労県本部の医師が調査を実施したら、IH調理器周辺の電磁波は計測器…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と電磁波「超強烈電磁波、IH調理器」2-1

投稿日:2017年08月28日 09:00

それだけ電気を大量に使いながら、ガスコンロに比べ、お湯が沸くのに2倍の時間がかかり、しかも電気代はガスの3倍!それでも健康に悪影響がないというのならまだいいのですが、IH調理器が発する有害性を知ったら…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と電磁波「超強烈電磁波、IH調理器」1-3

投稿日:2017年08月04日 09:00

マンション建設業者や住宅建築業者らは、IH電機メーカーらの宣伝、営業文句に載せられ、また各戸にガス管を引く為の工事の手間が省け、建築コストを大幅に削減できるということで、オール電化が拡大した背景があり…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と電磁波「超強烈電磁波、IH調理器」1-2

投稿日:2017年07月28日 09:00

以下の症状が、すでに発現している場合は、持続的な電磁波被曝環境下ではさらに症状が悪化してしまいます。 ・視力障害(白内障・緑内障・網膜剥離)、目が痛い、目の奥がうずく ・皮膚が乾燥する、赤くなる、湿疹…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と電磁波「超強烈電磁波、IH調理器」1-1

投稿日:2017年07月24日 09:00

「電磁波は人体に有害である」WHO(世界保健機構)が公式に認める。 WHOは2004年10月、電磁波過敏症の症状に関するワークショップを開催し、次のように公式に報告書を発表しました。電磁波過敏症の症状…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 視力回復レンズ4

投稿日:2016年08月15日 09:00

たくさんの小さな穴は装着時に黒い輪が見えてしまうのを防ぐためにあります。中心部に大きな穴を配することにより、目に入り込む光が狭くなり、焦点深度が深くなります。意識的に焦点を合わせなくてもピントが合う範…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 視力回復レンズ3

投稿日:2016年08月09日 09:00

レンズを付けるので白内障になる心配もなく、レーザーを使わないのでレーシック手術よりも安全性が高いと考えられています。現在のところは後遺症や副作用は報告されていないので、視力回復方法としては安全という評…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 視力回復レンズ2

投稿日:2016年07月29日 09:00

手術はごく簡単で、専用の注射器のような道具を使用して、器具の中に折りたたまれたレンズを生理食塩水と共に眼球に注射すると、レンズが眼球の中で展開し固定されます。レンズを入れるという方法は白内障の治療と似…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 視力回復レンズ1

投稿日:2016年07月25日 09:00

近年はパソコンや携帯ゲーム機、スマートフォンの普及で視力の低下が著しくなり、日本人全体の約7割がメガネやコンタクトレンズを使用しています。そんな中で超音波治療やレーシック手術といった視力回復方法があり…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 スーパーソルガム

投稿日:2014年05月20日 09:00

イネ科の植物ソルガムの「子実型ソルガム」は、アフリカの一部で主食や ビールの原料として、中国では白酒の原料や飼育原料として使われています。 また、「ソルゴー型ソルガム」はサトウキビと同じように茎の中に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 エニアグラムコミュニケーション

投稿日:2013年09月30日 06:00

自分が良かれと思ってしたことが、相手を怒らせてしまったことはありませ んか。「私はこんなに嫌な思いをしているのに、なんで同じことを言われて そんな平気な顔をしていられるの」と友達に不信感を抱いたことは…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 うしろの正面「スーパーラット」

投稿日:2013年09月24日 15:00

ここ数年、殺鼠(さっそ)剤をいくら使ってもなかなか死なないスーパーラ ットが急増しています。同じような薬剤を使い続けてきた結果、抵抗力を持 ってしまいました。海外ではこうしたスーパーラットが原因の新た…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 増える相続税

投稿日:2012年11月01日 09:00

 多くの人にとって最大の相続資産は親の家と土地ですが、今まで、普通の 人には相続税はほとんどかからないという常識が崩れ始めています。2010年 4月からその評価額を最大8割減額できる制度が変わり、納税…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 シェールガス

投稿日:2012年05月15日 09:00

 世界情勢の不安などにより原油が高騰し、「シェールガス」に注目が集ま っています。シェールガスは従来の天然ガスと違って砂岩の貯留層ではなく、 泥岩の中で特に固く、薄片状に剥がれやすい性質をもつシェール…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 地殻変動と地震

投稿日:2011年08月05日 09:00

 政府の地震調査委員会(阿部委員長)は2011/7/11、神奈川県・三浦半島 にある活断層「三浦半島断層群」が、東日本大震災後に続く地殻変動の影響 で、地震を起こしやすい状態にあると発表しました。  …続きを読む
この記事へのコメント (0)



 個人信託

投稿日:2011年02月23日 09:00

 老後の資産管理や相続対策などに活用できる手段として「信託」がありま す。高齢者の財産管理や自分の死後の資産継承に信託を上手に活用するため にはどうしたらいいのでしょうか。例えば、認知症など判断能力が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 エコトラブル

投稿日:2010年04月07日 09:00

 環境・エコへの関心が高まる中、国や自治体が相次いで補助金制度を設け たことから、関連商品などの家庭への普及が進んでいます。人気の反面、過 剰なセールストークなど販売を巡ってのトラブルも増加しています…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 残留農薬の基準値

投稿日:2009年04月17日 09:00

 中国製冷凍餃子の有機リン系殺虫剤:メタミドホスによる中毒事件や冷凍 食品から基準値を上回る有害物質の検出など、残留農薬の報道をよく耳にし ましたが、そもそもその基準値はどのようにして決められているの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 チリツモ返済

投稿日:2009年03月25日 09:00

 住宅ローンを選ぶ時は金利の高低を重視しますが、最近は繰り上げ返済の しやすさに注目して選ぶ人が増えています。少額ずつ「チリも積もれば山と なる」方式で返済すれば残債を早く減らせ、金利負担も軽くなりま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 シェアリング

投稿日:2009年03月23日 09:00

 世界的な景気の後退から経済活動は縮小の方向に向かっています。個人の 消費も減少傾向ですから、共有出来るものは共有するといった方向に少しず つ意識が変わってきました。ワークシェアリングやカーシェアリン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 リバースモーゲージ

投稿日:2009年02月06日 09:00

 老後の資金といえば退職金や年金を思い浮かべますが、自宅の土地を持っ ている場合、それを担保に老後の生活費を借りる手法があります。リバース モーゲージ(逆住宅ローン)と呼ばれていて、民間の金融機関や地…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 暮らしのマーク

投稿日:2008年07月16日 09:35

 食品や家電製品、おもちゃに文房具など身近な商品に様々なマークが付けられています。マークが付いていることを見過ごすことも多いと思いますが、一定の基準を満たしている表示だったり、賠償制度が備わっていたり…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ガーデニングの注意点

投稿日:2008年05月02日 09:32

 ガーデニングに最適な季節となってきましたが、マンションなどのベランダでガーデニングをする場合には注意が必要です。まず基本的には、近所の迷惑になるようなことはしないということがあげられます。特にマンシ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 アーバン菜園

投稿日:2007年09月20日 09:32

 都市部の遊休スペースを利用した都市型農園が相次いで登場しています。身近なところで採れた新鮮なものを食べたり、土いじりがしたいといった都市生活者の要望が増えたせいか、鉄道会社が駅前で貸し菜園を展開した…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 食品の表示

投稿日:2006年11月13日 09:21

 私たちが日頃購入している食品ですが、消費者が購入するときに正しく食品の内容を理解して選択出来るよういろいろな情報が表示されています。注意してご覧になったことはありますでしょうか。  「食品衛生法」で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 疾病保険付き住宅ローン

投稿日:2006年10月23日 09:23

 がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病になれば、住宅ローンが保険で全額返済される保険と一体となった住宅ローンが相次いで登場しています。日本人の死亡原因の約6割を占めるのが、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 太陽電池

投稿日:2006年07月01日 15:02

 クリーンで尽きることのない太陽エネルギーを利用する太陽光発電は、地球温暖化を防止するためにも有望なため、将来の国産エネルギーとして大きな期待が寄せられています。  最近では公共団体の施設の一部や一般…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 LED照明

投稿日:2006年06月01日 14:29

 店舗照明や交通信号などを中心に利用されてきた発光ダイオード(LED)による明かりが一般住宅でも使われ始めてきました。LEDは最近のものと思われがちですが意外とその歴史は古く、炭化珪素に電流を流すと発…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 オール電化

投稿日:2006年04月23日 14:27

 家庭で消費するエネルギーを電力だけでまかなうオール電化が注目を集めています。オール電化を巡っては、キッチンで使うIH(電磁誘導加熱)クッキングヒーターとガスコンロの競争もあり、電力会社は火を使わない…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 重曹の活用

投稿日:2006年03月23日 14:28

 最近、ショッピングセンターやスーパーなどで重曹をよく見かけるようになりました。掃除用の洗剤などで環境にも優しい素材を使おうという志向が高まったせいか、重曹は特に注目されているひとつといえます。  も…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 保険選びの五ヶ条

投稿日:2006年02月15日 14:46

1.テレビのCM(コマーシャル)はたった30秒でも何千万円もかかると言われています。CMをがんがん流している保険会社のCM代はどこから出ているのでしょうか?たぶん、保険加入者の掛金から出ているはずです…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 バリアフリー

投稿日:2005年11月15日 14:20

 近年、住宅をリフォームする人が増えてきていますが、50歳を過ぎてからリフォームに取り組むようであれば、年を重ねても住みやすい「バリアフリー化」を考えてみてはいかがでしょうか。バリアフリー化にあたって…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 アスベスト被害

投稿日:2005年10月15日 14:20

 アスベストは便利な耐火、耐久材料として建築物を中心に広く使われてきましたが、肺ガンなどの健康被害が広がり、社会問題化しています。日本で使用された約9割がビルや住宅、工場などの建材向けです。  アスベ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 マンションの騒音

投稿日:2005年08月16日 10:18

 マンションなどの集合住宅に住んでいると、時として上階や隣の音が気になることがあります。国土交通省が2003年に実施した「マンション総合調査」の結果では、半数以上のマンションで住人の生活音に関するトラ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 カビ対策

投稿日:2005年06月16日 10:30

 6月は北海道を除いて、日本全国湿気の多い梅雨の季節になります。この時期、やはり家庭で気になるのがカビではないでしょうか。油断をしているとカビが家のあちらこちらで増殖しかねないので注意が必要です。カビ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅ローンの繰り上げ返済

投稿日:2005年05月16日 10:36

 生活資金に少しでも余裕がでてきたら、住宅ローンを繰り上げて返済したいというニーズが高まっているようです。最近は、手数料を無料にするなど、各金融機関もサービスの向上や返し易さをアピールしています。繰り…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 家具の転倒防止

投稿日:2005年02月16日 10:55

 新潟県中越地震では約2千8百人の方が負傷されましたが、このうちの約40%は家具の転倒や落下物が原因だったようです。家具の転倒防止にはどんな方法が有効なのでしょうか。  東京消防庁が行った高さ180?…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 IT利用の防犯用品

投稿日:2005年01月16日 10:59

 治安悪化を背景に、空き巣や車上荒らしを撃退するための防犯対策用品やサービスの開発が活発になっています。携帯電話を中心に通信、画像処理などのIT(情報技術)を駆使し、新たな付加価値を追加したアイデア商…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 キッチンの掃除

投稿日:2004年12月16日 11:02

 キッチンの素材としては、天板は人工大理石などもありますが、シンクを含めステンレスが一般的です。ステンレスは塩素に弱いほか、意外に傷つきやすい素材ですので布やスポンジなど、なるべく柔らかいものを用いま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 窓ガラス・ドアの防犯対策

投稿日:2004年07月16日 11:23

 空き巣の被害が増えていますが、進入手口で増えているのは玄関錠のピッキングに代わって、窓ガラスを熱して割る「焼き破り」です。焼き破りとは、ガスバーナーなどでガラスを熱した後、水をかけると急激に冷えてひ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 まっすぐに向き合うこと

投稿日:2004年06月18日 12:18

 タオリズム2004 タオ太鼓道場 代表 浅野香 さんの言葉より  「まっすぐに向き合うこと」は、日常の練習の中でもよく出てくることばです。太鼓の前に立つ時は、太鼓の芯と自分のカラダの芯をつないで、ま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 光触媒商品

投稿日:2004年05月16日 11:28

 ビルの外壁や窓ガラスなど事業用に使われてきた光触媒が、一般家庭用としても応用され始めました。蛍光灯程度の光でも機能する光触媒の開発が進み、汚れを光で分解する眼鏡フレームやカーテンなどが相次いで登場し…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 土間の活用

投稿日:2004年04月16日 11:29

 昔の民家ではよく見かけたけど、近年いつの間にか姿を消してしまった土間。それが最近、少し姿を変えて復権しつつあるようです。例えば、廊下とはひと味違うタイル張りの通路形態にしたり、七輪でサンマなどを焼い…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 防犯機器

投稿日:2004年02月16日 11:34

 空き巣被害の防止を目的としたセキュリティ機器がだいぶ身近になってきました。中でも、異常を感知して外出先に知らせる緊急通報機器は、携帯電話の普及で手軽に使えるようになってきました。一人暮らしの高齢者の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所